学校の支援

学校の友だちやクラスメイトががんと診断された時、子どもたちは自分たちも何か支援したいと考えます。患児とクラスメイトが交流を持ち続けられるようにするために担任や校長にできることがたくさんあります。

患児と連絡を取り続けましょう

  • クラスメイト全員の署名入りのカードを送りましょう
  • その子はメールアドレスを持っていますか?持っている場合は、先生やクラスメートから時々メールを送りましょう
  • クラスの行事などをビデオ撮影しましょう
  • 患児の病室を飾るためのポスターや絵を描きましょう

米国では、その子の治療に携わる専門家(例えば、看護師やチャイルドライフ・スペシャリストなど)に教室に来てもらい、がんについて、またがんがその子やクラスのみんなにとってどのような意味を持つのかについて、もっと理解できるように話をしてもらう場合があります。

 

ページの先頭に戻る↑

前のページへ戻る