今すぐにやるべきこと

INDEX

やるべきことや、やりたいことのリスト作り

あなたにはやるべきことがいろいろあります。それらは、いくつかの医学的な疑問点について答えを得ること、雑用が片付いたかどうかを把握すること、お子さんに何かをしてあげること、あるいは、誰かに伝えたいことのメモを作ることなどです。このリストがあまりにも多すぎる時には、その日のうちに片付けてしまいたいことを1つか2つだけ選んでください。一番大切なことだけを選びましょう。例えば、家を掃除したり、郵便物に目を通したりするようなことはそれほど重要ではなく、後回しにしても構わないということを認識するのです。

ページの先頭に戻る↑

リラクゼーションの実践

ここでは、親御さんたちが効果を感じたリラクゼーションのための簡単なエクササイズを紹介します。うまくできるようになれば、お子さんや他の家族に教えることもできます。

  • 数分間、同じ場所に楽な姿勢で座り、深呼吸または腹式呼吸をしましょう。鼻からゆっくりと深く息を吸うと、お腹が空気で風船のように膨らみます。1秒だけ息を止め、ゆっくりと口から吐き出すと、風船から徐々に空気を出したようにお腹はゆっくりと元に戻ります。息を吐く時には筋肉の力を抜くようにしましょう。「1、2、3…」とゆっくり数えながら呼吸するか、「落ち着き」や「リラックス」などの言葉を思い浮かべると良いという人もいます。
  • 数分間静かな場所に座りましょう。目を閉じて、自分がとてもリラックスできる場所か、非常に快適な場所にいるところを想像してみましょう。何が見えますか?何が聞こえますか?何に触れますか?何の匂いがしますか?そのリラックスできる場所にいるつもりで五感を使いましょう。数分間このようにして、身体をリラックスさせましょう。

ページの先頭に戻る↑

気持ちを落ち着けるための考え方

多くの親御さんは以下のようなことを思い浮かべたりしたりすると気持ちが落ち着くと教えてくれました。

  • がんは治療できる病気であり、がんになった子どものほとんどが治っているということ。
  • 自分の子どもは素晴らしい治療を受けているということ。
  • 自分たちがとても良い病院にいて、同じゴールに向かって全員で闘っているということ。
  • 今の病院で大勢の子どもたちががんを治療するのに成功してきたということ。
  • 自分の子どものがんに対する治療法については、常に新しい情報が明らかになっているということ。
  • 医療、特に小児がんの治療法は、この30年間で飛躍的に向上してきており、現在がんと診断されることは、自分が子どもだった時と同じことを意味しないということ。
  • 自分が歩いている道のりは、他の患児の親たちが歩いてきた道であり、希望があるということ。
  • 自分が○○○に感謝しているということ。(「○○○」の部分には、あなたが今までの人生で感謝していることを入れてリストを作りましょう。)
  • 自分が○○○に誇りを持っているということ。(「○○○」の部分には、あなたが今までの人生で誇りに感じていることを入れてリストを作りましょう。)
  • 自分の考えや希望を書き留めること。
  • 信頼して自分の気持ちを打ち明けることができる人は誰かを考えること。
  • インターネット上で日記やブログを書くこと。ブログを介して友人と連絡を取ることが助けになるという親御さんもいます。この方法を使うと、あなたはいつでも自分たち家族がどうしているかについて書くことができますし、時間がある時には、あなたを支えてくれるようなメッセージが返ってきているのを読むことができます。
  • 夜中でも話ができそうな人は誰か考えること。夜中にはそうした人たちの力を借りるべきです。

 

感情面の問題

前のページへ戻る