助けを求めるべき時

お子さんの闘病中に起こる様々な感情はどれも納得できるものですが、感情の起伏にうまく対処するために、あなたやご家族は誰かの手助けを求めることができます。感情に押し潰されてしまわないようにするため、すぐに助けが必要な場合もあります。もしあなたがこの1~2週間に以下のようなことばかり感じているのであれば、ただちにしかるべき助けを求める必要があります。

  • 食べることに全く興味が湧かない
  • なぐさめてくれる人がいない
  • 自分は二度と笑うことがないだろう
  • 涙が止まらない
  • 自分や誰か他の人を傷つけたい

お子さんの治療チームにいるソーシャルワーカー、心理療法士、精神科医と相談するか、自分の主治医の診察を受けましょう

あなたたち家族が受けているストレスは十分理解できますが、あなたには平常心でいていただきたいと思います。あなたは、お子さんを再び元気にするために働いている治療チームの重要な一員なのです。そして、利用できる支援もあります。治療チームのソーシャルワーカー、心理療法士、精神科医とどのように連絡を取ったらよいかがわからない時は、担当の看護師に適切な人を教えてもらいましょう。

 

感情面の問題

前のページへ戻る