この経験から感じること

INDEX

このページには、あなたが感じているかもしれない感情を列挙してあります。これを読んで、今のあなたと同じ立場で同じように感じていた人が他にもいるとわかれば、何かの助けになるかもしれません。また、これまでにあった様々な出来事と、あなたがそれらにどのように対処してきたかを知ることで自信が持てるようになるに違いありません。

強い不安

  • 自分の子どもが亡くなるかもしれない
  • 自分が孤独や不幸になるかもしれない
  • 苦しい状況に置かれている
  • この先どうなるのか
  • 自分の子どもの感情が他の子どもと違っている
  • 自分の子どもが大切な小児期の一部を病気のせいで失ってしまう
  • 仲間外れにされるかもしれない
  • 自分の子どもが必要としている答えがわからない
  • 自分の子どもに必要な忍耐力がない
  • 自分の信念を失うかもしれない
  • 危機的な状況の中で配偶者とうまくコミュニケーションが取れない
  • この状況を乗り越えられるほど、夫婦関係が強くないかもしれない
  • この問題を克服できるほど、自分は強くないかもしれない

しかし、あなたは一人ではないのです。

ページの先頭に戻る↑

怒り

  • とんでもないことが自分の子どもや家族に起きている
  • 神や世界がどうしてこのようなひどいことを許しているのか
  • 家族の生活が崩壊させられている
  • 自分の生活が混乱させられている
  • あなたや配偶者が十分に働くことができない
  • 親族や友人が思ったほど助けてくれない
  • 勤務先が希望した通りに融通してくれない
  • 病院への支払いが高額である
  • 子どもを連れて行きたい場所に行くためのお金がない
  • 自分の子どもが必要とする治療の全てを受けられていない

ページの先頭に戻る↑

心配

  • 自分の子どもが快方に向かわない
  • 患児の兄弟姉妹もつらいのに、思うように一緒にいてあげられない
  • 他の家族の健康に良くないのではないか
  • 自分の活力・気力をおそらく使い果たしてしまうだろう
  • 仕事を失うかもしれない
  • 長期間闘病していることに自分の子どもはどのように反応するのだろうか
  • 自分の子どもは学校生活の多くを経験することができないのではないか
  • 自分は患児の兄弟姉妹の人生で重要な事柄を見逃してしまっており、彼らが怒っているのではないか

ページの先頭に戻る↑

孤独感

  • 多くの人に囲まれている時も、子どもの病気のことを考えると、苦痛と共に孤独を感じる
  • 子どもの病気についてまだ配偶者ときちんと話し合うことができていない
  • これは自分の家族だけに起こったことなので、自分の気持ちを表に出したくないと感じる
  • 自分がどういう気持ちかを誰かに話す気がしない
  • 今回のような試練に対処しなければならない家族が自分の周りにはいない
  • 自分の親に説明すると彼らはもっと心配するだろうし、彼らの健康のことが心配なので話せない
  • 友人に話しても、友人にはこれがどれほど深刻な話なのかを理解することができない
  • 病院で他の親に上手に話しかけることができない
  • 病院のスタッフのことがよくわからないし、まだ信頼できない

ページの先頭に戻る↑

落ち着かない気持ち

  • 病気の子どもの側にいる必要があるので、病院にいる間は泣き言を言えない
  • 病院から離れると、入院中の子どものことが気になってしまう
  • 病院にいると、家や仕事のことが気になってしまう

ページの先頭に戻る↑

罪悪感

  • 何らかの形で自分が子どもを病気にしてしまったのではないか
  • 子どもをもっと早く医師の下へ連れて行くべきだった
  • 医師がただの風邪でしょうと言った時に、自分は医師とそれ以上話し合おうとしなかった
  • 子供に有機無農薬食品などの身体に良い物を食べさせて来なかった
  • 全てのことからただ逃げ出したいと時々思ってしまう
  • 時々子どもを叩いてしまう
  • 病院のスタッフにイライラする気持ちをぶつけてしまう
  • 自分がしてあげたのと同じようにしてくれない配偶者に腹を立ててしまう
  • 配偶者とよくケンカしてしまう
  • 気がかりなことがあると、つい一杯飲んでしまう
  • 自分がたばこを吸っているせいで子どもががんになったのではないか

ページの先頭に戻る↑

感謝の気持ち

  • 利用できる効果的な治療法に対して
  • 自分たちの周りに集まってくれたすばらしい友人や親族に対して
  • 子どもが何とか治療をこなしているように見えることに対して
  • 小児がんの子ども達を治す可能性を導く科学の進歩に対して
  • 親切な治療スタッフ(ほとんど全員)に対して

ページの先頭に戻る↑

きまりが悪い

  • 今までにしたことのない頼みごとを誰かにしなければならないことで
  • 学校への子どもの送り迎えなど、いつも自分がしていることを近所の人や友人に頼まなければならないせいで
  • 家族のことを色々と知られてしまうために
  • 泣きたくないのに時々泣いてしまうことで
  • 心底の疲れと恐怖から、時々怒って言うつもりのないことまで言ってしまうせいで
  • 普段通りにストレスに対処できないために
  • 疲れて参っているせいで、医師が言ったこと全てを必ずしも理解したり覚えたりしていないことがあることで
  • 病院では自分の子どもの具合は他の子ほど悪くないせいで

ページの先頭に戻る↑

混乱・困惑

  • 病院では何がどう進んでいるのか、誰に何を聞いて、どうやって物事を済ませるのかがわからないことについて
  • 家と病院、いつどちらにいるべきなのかについて
  • 非常に悩んでいる時に、どのように子どもを支えたら良いのかについて
  • 子どもにどのような食事をさせたら良いかについて
  • 子どもの病気について、自分と配偶者が同時に同じことを感じているわけではなさそうに思えることについて
  • 家族に何が起きているのかがわからないことについて
  • 仕事を続けた方が良いのかどうかについて
  • 必要な支払いにどう対処すれば良いかについて
  • 再び全てが問題ないという日が来るのかどうかについて

ページの先頭に戻る↑

追い詰められている気分

  • 時々、病院へ戻りたくなくなることがある
  • 自分で自分をコントロールできない、このような大きな問題を抱えていなかった頃へ時計の針を戻したいと感じる
  • 子どものことについて配偶者ともっとよく話し合えるはずと思う
  • ただ熟睡したい
  • がんのことについて考えずに散歩したい

ページの先頭に戻る↑

嫉妬

  • 健康な子どものいる友人や親族に対して
  • 同じ病院にいる、近くに住む親族にたくさん助けてもらっている人たちに対して
  • 自分の子どもよりも元気そうな子の親に対して
  • 治療を終えた子の親に対して
  • 離婚していない他の家族に対して

ページの先頭に戻る↑

懐かしむと同時に憧れる

  • 子どもが病気になる前のこと
  • 患児以外の自分の子どもたちと過ごす午後
  • 穏やかな一日
  • 病院にいない一日
  • 自分の家のベッドで眠ること
  • おそろしい気分ではない一日
  • 配偶者とのデート
  • 太陽の光を浴びながらの気持ち良い散歩

ページの先頭に戻る↑

不満

  • 子どもの治療計画を自分がきちんと理解できていないと感じる場合に
  • 子どもの治療の責任者に対して
  • 主治医と同じくらい信頼できてよくわかっているスタッフがいないと感じる場合に
  • 自分の子どもの世話を大勢の違うスタッフがしていることに対して
  • 病院のスペースに余裕がないことに対して
  • プライバシーがないことに対して
  • 子どもの具合が悪そうなのに何をしたら良いかわからないことに対して
  • とにかく全てのことに対して

ページの先頭に戻る↑

圧倒されるような気持ち

  • 心配事によって
  • 自分がいない時に家のことをどうするかという実際的な問題によって
  • 病院に付き添っていたい時に仕事に行こうとすることによって
  • あまりにも多くの人から気にかけて欲しいと思われていることによって
  • 手伝いたいと思ってくれている人がいるのに、何をして欲しいかを伝える気力と体力がないことで
  • 病気の子どもへの愛情と、将来がどうなるのかという強い不安によって
  • 経済的な不安によって

あなたは一人ではありません。これらは全て正常な感情なのです。

 

感情面の問題

前のページへ戻る