わが子が成長するための手助け

あなたは親として、がんに罹るというつらい経験をお子さんが切り抜けられるようにサポートしてきました。がんを乗り越えたことによってお子さんがより強くなったように感じるでしょう。あるいは、お子さんが見せた勇気に対してあなたは感心しているのではないでしょうか。あなたのお子さんが人間的に成長したことに気付くようにすることは、お子さんの強さをお子さん自身で気づくように仕向けることにほかなりません。あなたは今までお子さんの精神的な強さと成長をどのように育んできたでしょうか?お子さんが我慢強いところを見せたり、できたことをあなたに伝えてきたりした時には、言葉で誉め、それを繰り返し言ってあげることから始めましょう。例えば、採血のような以前は苦手だった処置や検査をお子さんが進んで受けるようになったと気付いたら、お子さんが勇気を出して採血担当の看護師のところへ行ったのはとても立派だと誉めてあげてください。あるいは、採血の時に自分がどれほど勇敢だったかについてお子さんが話した時には、それをあなたがどれほど誇らしく思うかについて繰り返し言ってあげましょう。

がんを経験したことで自分に生じた変化についてお子さんに聞いてみることもできます。特に何かプラス面での変化があったかどうかについて聞くと良いでしょう。あなたが見たお子さんの変化をわかりやすい例として教えてあげることもできます。お子さんが普段から自分のことをどのような手段で表現したいのかによりますが、がんになったことで自分に生じた変化を友人に話したり、そのことについて手紙を書いたりメールを送ったり、歌や詩を書いたり、あるいは自分に生じた良いことを書き出すようにすすめてあげると良いでしょう。しかし、お子さんが経験したことは良いことばかりではないということを忘れないでください。がんになったためにプラス面の変化が生じたことを話すのは楽しいことですが、一方で、マイナスになった経験についても話して構わないということをお子さんに知らせておくことが大切です。

 

体験から得られること

前のページへ戻る