前向きに成長するための秘訣

がんの経験から何か自分のためになることを得られる人と何も得られない人を簡単に見分けられる方法はありません。一部の人たちはがんの治療中でも、たとえば、家族と過ごせる時間が増えることや、友人が訪ねて来てお見舞いの品を贈られた時に支えられていると感じ、そこにプラスの面を見出します。しかし、多くの場合は治療が終わるまで気持ちが前向きになったと感じることはありません。治療後何年も経ってから気持ちが前向きになったと自覚する人もいますし、がんの経験からは何ら前向きな変化が起きなかったという人もいます。経験したことから何か前向きなことを見つけたかどうかを尋ねられても、自分で本当に思っていないような作り話はしないでください。他のがん経験者に対して、何か前向きな気持ちになるか、得るものがあったかどうかを尋ねるのは構いません。ただ、皆が皆、プラスになることを得たとは限らないということを頭に入れておいてください。

がんを経験することでどれほど成長できるか、あるいはプラスになることを得られるかは、各人が持つ何かと治療内容に関係しているらしいことがわかっています。例えば、がんと診断された年齢が高いほど、より多くの成長と人生のためになることを得られるようです。これはおそらく年齢が高い方が、がんのような生命を脅かす病気からでも何かためになることを見出そうとする思考能力が発達するからでしょう。また、診断された年齢が高い方が治療法の決定に自分の意思で関わることができるので、治療がもたらす影響の良悪双方の面をより深く考えることができるからではないかと言うことができます。がんの経験を通じて得られる成長に関係しているもう一つのポイントは、闘病中にどれくらい気持ちが落ち込んだかということです。自分のがんがとても深刻で、生命のリスクを体験している人は、より人間的な成長を遂げることができます。困難な経験をするほど、人間的な成長を遂げる可能性がより高くなるということです。すなわち、困難でつらい経験をすることが、将来その経験から前向きな気持ちを持ち続けられることにつながるのです。

また、いろいろなことに対して楽天的な考え方をする人の方が、がんの体験からより多くの良い面を見出す傾向があります。このような事実から、人生そのものを見つめる方法が、がんという病気に対処する方法によく似ていることがわかります。もしあなたが物事の良い面ばかりをいつも見ようとしているなら、がんという経験の中で人生にプラスになる要素を見出すことも容易です。

しかし、覚えておいていたただきたいのは、がんになったという経験から全ての人が前向きな変化を体験するわけではないということです。このような人たちはおそらく、大勢の人が助けてくれて、治療中には良いこともあり、何とかうまく切り抜けることを学んだものの、がんになったことを良かったと思うことは絶対にできないと感じているに違いありません。もしがんになっていなかったら・・・と、ただそれだけを思っているのです。がんになったことで前向きな気持ちを経験したとしても、身体や心の健康についての不安も持ったはずです。そうした、がんがもたらすプラス面とマイナス面の両方の結果に注意を払うことが重要です。

 

体験から得られること

前のページへ戻る