体験から得られること

「がんは多くのものを奪い去るということを知りました。でも、同時にがんは私にいろいろなことを気付かせてくれました。がんによって、自分に与えられた人生に集中して精一杯生きようという決意が芽生えました。このような辛い経験をしたことがない人に比べて、より深く、広く、そして熱く生きられるようになりました。このようながんからの思いがけない贈り物は、生きていることへのとても強い感謝の気持ちであることがわかりました。自分の中に、以前にはなかった他の人を思いやる気持ちや、それまでは知らなかった精神的な強さがあることに気付きました。」(小児がん経験者のエイミー 談)

好んでがんになる人など誰もいません。想像することすら難しかったはずですが、自分や家族の誰かががんになった時に、ほとんどの人はがんに立ち向かって行く精神的な強さが自分にあることに気付きます。ある日突然、一度に生じるがんの様々な試練に対処することになりますが、ほとんどの人は最終的にどうにか切り抜けることができます。全体的に、小児がん経験者のほとんどはQOL(※訳注:Quality of Life(生活の質)のこと)の高い生活を送り、幸福な気持ちで過ごしています。また、このような困難な経験を切り抜けてから振り返ると、多くの人々はがんを経験したことによって自分の中で気持ちが前向きになったと感じます。がんがもたらす悪い面ばかりを考えるのは簡単です。たとえば、ずっと入院しなければならない、通学や友達付き合いができない、具合が悪かったり疲れてしまったりするせいで毎日を楽しめない、将来について不安になる、などが挙げられます。治療の最中はこうした悲観的で不快な気持ちを我慢するのに多く時間を使ってしまいますが、治療が終わった後、患児やその家族はつらかった経験を振り返ることで、自分たち自身や周囲の環境についての考え方が変わります。がんを克服した結果、多くの人々は自分たちが前向きになったと気付き始めます。そして、以前よりも強くなったと感じます。親御さん、患児の兄弟姉妹、祖父母そして友人も、自分と親しい人ががんになった結果、おそらく前向きになった気持ちの変化を経験します。たとえば、一部の人たちは、がんを経験したことによって、自分の人生で何が一番大切かということに関心を集中させることができるようになったと語ります。生きていることに今まで以上に感謝するようになり、家族や友人との絆が深くなり、そして精神的な強さを自分の中に見出したと言います。別の人たちは、困難な状況に対処する能力や、生活での優先順位をより確実に決められることに自信を深めたと述べています。彼らは多くの自信に充ちあふれ、新しい興味の対象と人生の目標を持っています。また、他の誰かに何かをしてあげることで”お返し”がしたい、現在および今後がんで苦しむ患者さんたちを助ける仕事がしたいという思いを持つ人たちもいます。これらの中にはがん患者のために情報を提供する団体や、小児がんの治療法を見つける研究をしている組織に参加したいと考える人もいます。

一般的には良くないと思われるような経験の中から前向きな面を見つけることは、”benefit-finding「良いこと探し」”や、 “post-traumatic growth「トラウマ後の成長」”などと呼ばれます。”benefit-finding”は、経験の中から前向きな面を見出すことを意味し、”post-traumatic growth”は、深刻な病気という心の傷(トラウマ)を克服した後で、物事の見方や感じ方に前向きな変化が現れることを意味します。この2つは別の言葉ですが、基本的には同じ意味で、自分や親しい人ががんを経験したという悲観的になるような怖しい経験から、何か前向きな面を見いだすことができるようになることを意味します。

 

 

前のページへ戻る