大きく変わる人生

お子さんががんと診断された時から人生は大きく変わります。些細な心配事や喜び、少しくらいの嫌なことなどは吹き飛んでしまうことでしょう。急降下と大きなスリルを伴うジェットコースターに乗ったような体験が始まるのです。

人生にとって本当に大切なことは何なのか、一部の人々が一生をかけて学ぶよりもはるかに多くのことを小児がん病棟での数ヶ月間で学ぶことでしょう。

小児がんとの人生が始まったばかりの人たちのためにいくつかアドバイスをしましょう。心配や怒り、失望、悲嘆でいっぱいの瞬間がたくさんあります。でも、それ以上に多くの時間を、笑ったり、記念日を祝ったり、あなたがヒーローと呼ぶのにふさわしい素晴らしいお子さんのそばに寄り添って過ごすことができるのです。将来何があろうとも、一緒に過ごす一日一日を大切にすれば決して後悔することはありません。

4歳でがんと診断されたコーディの母・キャシー

Reprinted from ‘Kids with Courage: Growing up with Cancer’; Board of Regents of the University of Wisconsin System
1998年

前のページへ戻る