ユーイング肉腫

ユーイング肉腫は、骨の腫瘍の中で2番目に多いものです。よく発生する部位は、骨盤、脛骨、腓骨、大腿骨ですが、軟部組織から発生することもあります。ユーイング肉腫は若年者に最も多く発生し、発症年齢の約半数が10~20歳に集中しています。

ユーイング肉腫の原因は依然として不明です。他の遺伝的がん症候群との典型的な関係は認められていません。また、家族の一人がユーイング肉腫の場合でも、他の家族の発症リスクが増すことはありません。

 

米国版の更新時期: 2011年7月
日本版の更新時期: 2012年7月

 

※詳細は下記ページを参照してください

前のページへ戻る