便秘

それほど頻繁には起こりませんが、腸の動きが悪いと便が固くなり、便秘になります。ビンクリスチンのような特定の種類の抗がん剤や鎮痛剤は、便秘を引き起こす場合があります。便秘は治療するよりも予防するほうが簡単です。便秘を予防するための方法は以下の通りです。

  • お子さんには1日に数回、水を飲ませましょう。
  • 腸の機能を刺激するために、ウォーキングのような運動をするように勧めてください。
  • 飲み物をたくさん摂取できないお子さんには水分の多い物(果物など)を食べさせるようにしましょう。
  • お子さんに食物繊維 の多い物(果物、野菜、玄米など)を食べさせるようにしましょう。
  • 食物線維の多い食事を開始する際はゆっくりと進めてください(1日あたりの食物繊維は5gずつ増量していきます)。
  • 主治医が便を軟らかくする薬剤を処方する場合もあります。
  • 医師に相談せずに浣腸剤や坐薬を使用してはいけません。

親御さんへのアドバイス:

  • いろいろな果物や野菜を食べるように勧めましょう。
  • 全粒粉で出来たパンやシリアル、玄米、およびレーズンのようなドライフルーツを勧めましょう。
  • おやつは、食物繊維が豊富なレーズンやドライフルーツ入りの栄養補助食品や、オートミール入りのクッキーなどにしましょう。
  • お子さんになるべく水分をたくさん摂るように言ってください。
  • 可能であれば、軽い運動を勧めましょう。

 

前のページへ戻る