脱毛

一部の化学療法や頭部への放射線治療は、脱毛や薄毛を引き起こします。脱毛は最初の治療から7~10日後に始まり、場合によっては、まつ毛、眉毛、脇毛などの体毛まで抜けてしまうことがあります。

お子さんの髪が抜け始めた時に髪をできるだけ短く切るご家族やお子さんの頭を剃るご家族もいます。脱毛に対処するために多くの患児は帽子やスカーフを着用します。また、髪が再び伸びてくるまでウィッグ(※訳注:かつら)をつける子もいます。ウィッグなどのヘア・アクセサリーを入手する方法については、ソーシャルワーカーやチャイルドライフ・スペシャリスト(※訳注:病院生活における子どもの精神的負担をできるかぎり軽減し、成長・発達を支援するための専門職)などが情報を提供してくれます。

がん治療が終了するか、一部の例では治療が軽くなると、髪は再び生えてきます。多くの場合、治療前に比べて髪の色や手触り(縮れ具合や太さ)が治療前とわずかに異なります。一部の例、特に高用量の放射線治療を行った場合には、照射部位に髪が生えてこないことがまれにあります。

前のページへ戻る