甲状腺癌

甲状腺とは、首の前面の「喉仏(のどぼとけ)」の下にある蝶の形をした器官です。甲状腺はヒトの活動に必要なホルモンをつくり、以下のような身体機能の調節を行います。

  • 暑さや寒さへの身体の反応
  • 体力の維持
  • 体重および食欲

甲状腺癌は、小児では稀な病気です。米国では毎年、20歳未満の1,000~2,000人に1人の割合で甲状腺癌が発生しています。
(※訳注:これは「発生率」であり、「罹患率(自覚症状があり医療機関に受診し診断された患者数の割合)」とは異なります。)

甲状腺癌の多くは治癒します。小児の生存率は約95%です。発生率および死亡率は年齢とともに上昇します。

甲状腺癌には、下記の4種類があります。

  • 乳頭状腺癌
  • 濾胞状腺癌
  • 髄様癌
  • 未分化癌

米国版の更新時期: 2011年7月
日本版の更新時期: 2012年7月

 

※詳細は下記ページを参照してください

前のページへ戻る