MRI検査

MRI検査(磁気共鳴画像検査)では特別な機器(スキャナー)を用いて、体内の画像を撮影します。画像を撮影する間、患児はMRI機器内部の検査台の上にじっと横たわります。検査中はドラムの音のような周期的な音がするので、その音を怖がるお子さんもいます。検査中に保護者が同じ部屋にいることはできませんが、保護者やスタッフは常にマイクやミラーを使ってお子さんの声を聞いたり、中の様子を見たりすることができます。

MRI検査は30分から2時間程度かかりますが、患児はその間じっと横たわっている必要があります。MRI検査の機器は金属を引き付ける非常に強い磁力を持っているため、検査前に患児は金属製のもの(アクセサリーやベルトなど)をはずすよう指示されます。

前のページへ戻る