骨髄生検

骨髄生検は海綿骨を含めた骨髄組織全体を調べるために行われます。骨髄生検は骨髄穿刺と同時に行われる可能性があります。この検査では、生検針を骨(通常は腰の骨)に刺して骨片を採取します。採取された海綿骨の小片は、検査室で調べられます。

BoneMarrowAsipirate

骨に生検針を刺す時に少し痛みを感じます。また、小さな骨片ごと骨髄を抜き取る時に圧迫感があったり、引っ張られるように感じたりするかもしれません。

この検査では通常、患児はうつ伏せになって横たわります。看護師や検査技師などが患児を適切な姿勢にさせ、処置中にその姿勢を保つよう補助します。

  • 麻酔薬や時には鎮静剤を使用することで、痛みや不安を最小限にすることができます。
  • 検査中にじっと横たわっていることが子どもにとってはストレスになる場合があります。検査の前に検査中の姿勢を何度か練習しておくと、お子さんは落ち着いて、どのようにする必要があるかを理解できるでしょう。
  • お子さんが薬で眠らされていない場合、この処置を乗り切るためには、気晴らしになることやその他の対処法が助けとなります。
  • 痛みのせいで、処置後1~2日間は鎮痛薬が必要になることがあります。
前のページへ戻る