手術

INDEX

皮膚の下にある部位へ到達するために患者の身体を切る手術は、診断や腫瘍の切除を含む様々な目的で行われます。治療において手術が果たす役割は、がんの種類、部位および進展度により異なります。治療チームが手術だけで固形腫瘍を切除できる場合もあれば、切除しやすいようにあらかじめ化学療法放射線治療で腫瘍を小さくしてから手術する場合もあります。

手術の種類

手術には、観血手術と低侵襲手術の主に2種類があります。

観血手術(定型的手術): 特定の部位へ到達するために身体を切開します。がんの病巣の切除は観血手術によって行われる場合が多いです。

低侵襲手術: 医師は観血手術と同じ方法で行いますが、できるだけ小さく切開し、その切開部分に合うように特別に設計された器具を使います。低侵襲手術では、大きな切開はせず、1~2cm程度の小さな切開を何箇所かに行います。他の疾病に比べると、がん患者における低侵襲手術はあまり一般的ではありません。

手術はがん治療の中で何を主な目的とするのかによってさらに以下のように分類されます。

根治手術: 根治手術では、全てあるいはほとんどの腫瘍を一度に取り除きます。症例によっては腫瘍が大きすぎたり安全に取り除けない部位にあったりする場合があります。このような場合には、化学療法や放射線療法で腫瘍を小さくして切除しやすくしてから根治手術を行います。

セカンドルック手術(診断的手術): セカンドルック手術(診断的手術)は、治療でどの程度がん細胞を破壊することができたかを確認する場合に行なわれます。この手術の最中に残存腫瘍を切除する場合もあります。

支持療法としての手術: 支持療法としての手術はがんを取り除くというより、患者さんの症状を改善するために行われます。支持療法としての手術には次のようなものがあります。

  • 抗がん剤の投与や採血に使用できる中心静脈ライン(カテーテル)の留置。このラインは、治療のために使えるほか、注射針を「刺す」ことなく血液検査用の採血をすることが可能となります。
  • 患者さんが長期にわたって十分な栄養を口から摂取できない場合の栄養補給用の胃瘻チューブの留置。患児が長期間にわたって口から食物を摂ることができない場合には、再び口から食べられるようになるまでの間、胃瘻チューブを使うことができます。

手術の実施方法

ほとんどの手術はある種の麻酔の下、手術室で行われます。執刀医は手術室で看護師やその他の専門家からなるチームと協力します。手術室のチームのメンバーは、それぞれ患児の血圧、心拍数、呼吸を監視し、手術を行なうために必要な器具を医師に提供するという特別な役割を担っています。

支持療法としての手術は、手術室または処置室で行われます。処置室では手術室と同じようなチームが医師を手助けします。手術の規模がはるかに小さいので、通常の手術室より小規模な場所で行われます。

ページの先頭に戻る↑

手術への心の準備

お子さんに手術への心の準備をさせることは、年齢に関係なく難しいことであるに違いありません。小さなお子さんだと、どれくらいまで教えるべきか、お子さんがどの程度理解できるかがわかりません。思春期のような年齢が高いお子さんだと、かなり理解できるので、かえって多くの不安を与えてしまうことがあります。チャイルドライフ・スペシャリスト(※訳注:病院生活における子どもの精神的負担をできるかぎり軽減し、成長・発達を支援するための専門職)などを病院で利用できる場合、患児の年齢に応じた最も適切な方法でお子さんに話す方法を考える手助けをしてくれます。

ほとんどの手術において、患児は手術の前夜から一切の飲食ができません。手術当日は手術室のそばにある準備区域へと連れていかれます。ここで、お子さんは手術着に着替えて、必要な薬剤を静脈への注射か点滴で投与されます。執刀医と麻酔医が準備区域に来て、あなたとお子さんに話をします。これは前回医師から説明を受けた後で思いついた質問をするのに良い機会です。手術の時間になると、あなたは待機用の場所へ誘導されます。

手術の間じっと待っていると、ストレスを感じる場合があります。雑誌、手芸、好きな本、しなければならない仕事など、気分転換になったり気分が楽になったりするものを持参するようにしましょう。手術後、担当した執刀医があなたの待機場所まで来て、手術についての説明をしてくれます。医師と話している間に、お子さんは手術後の管理を行う部屋(※訳注:集中治療室など)へ運ばれます。ここで看護師は、手術後の患児が期待通りに元気であるかどうかの確認と経過観察を行います。執刀医もここでお子さんの容体を確認します。

手術後の管理が終わると、お子さんは普通の病室へ移り、やがて退院を許可されます。

ページの先頭に戻る↑

手術によって起こりやすい副作用

副作用は、手術の内容、腫瘍の部位、患児の健康状態、その他の要因によって異なります。手術をした部位が過敏になっている間、手術そのものと痛み止めの薬剤のせいで、以下のような副作用が起きることがよくあります。

前のページへ戻る