免疫療法

INDEX

免疫療法は、生物療法あるいは生物学的治療と呼ばれることがあります。免疫療法では、がん細胞とたたかうために自分の身体の免疫系を強化します。がん治療で生じた副作用を管理するのにも使われます。

免疫療法では、体内で自然に作られる物質を使って免疫系の機能を高めることで治療を行います。その結果、身体はがん細胞をより有効に破壊することができます。免疫療法は体内で自然に作られる物質を使うため、がん治療による副作用を減らし、傷ついたり破壊されたりした細胞を正常細胞に置き換える手助けができます。

免疫療法は、体内でがん細胞が広がることを防ぐのにも役立ちます。

ページの先頭に戻る↑

免疫療法のしくみ

免疫系とは、疾病などから身体を防御するために働く器官や細胞のネットワークです。免疫系は、細菌、ウイルス、がん細胞のような異物を探し、それらを破壊しようと働きます。

免疫療法の間、患者はBRM(Biological Response Modifiersの略、生物反応を調節する物質という意味)と呼ばれる物質を投与されます。BRMは、がんやその他の疾病とたたかうために身体が普段から生成している物質です。BRMは身体本来の免疫力を増強し、がん細胞を認識して破壊する力を強くします。BRMは、身体が腫瘍に反応する方法を変えることもできます。

BRMが免疫療法で作用する方法は以下の2通りです。

能動的免疫療法: よりしっかりと、より効率的に働くように、身体本来の免疫系の反応を刺激する方法。

受動的免疫療法: ヒト由来タンパク質のような物質を投与して、免疫系がより有効に働けるように補う方法。

がんの治療によく使われるBRMは以下の4つです。

  • サイトカイン
  • インターロイキン
  • コロニー刺激因子
  • モノクローナル抗体

ページの先頭に戻る↑

免疫療法の実施にあたって

免疫療法は、化学療法のような他のがん治療に追加する形で行われることが一番多いです。通常は静脈へ注入しますが、家で投与できる錠剤や液体の飲み薬もあります。

副作用は治療ごとに異なります。免疫療法を受けた患者に多いのは、インフルエンザのような症状が出る副作用です。通常、治療が終わると副作用はなくなります。

よくある副作用は以下の通りです。

  • 血圧の変化
  • 寒気
  • 下痢
  • 内出血(紫斑)が起こる、あるいは出血しやすくなる
  • 発熱
  • 食欲不振
  • 筋肉痛
  • 吐き気
  • 発疹
  • 嘔吐
  • 衰弱

免疫療法についての詳細については、治療が始まる前に受け取る同意書などで確認してください。

前のページへ戻る