分子標的治療

分子標的治療はがん治療への新しい取り組みであり、研究の中心となっています。これらの治療は、がんの増殖や進展を止めるために薬剤やその他の物質を使用します。

分子標的治療は、正常細胞と異なるがん細胞の動きに着目し、細胞が増殖する過程を阻害することで作用します。この治療では、がん細胞が増殖できないように、がん細胞の増殖に重要な役割を果たしている過程を「標的」にします。例えば、がん細胞に栄養を供給する血管を止めたり、がん細胞が増殖するのに必要な信号を妨害したりすることなどです。様々な分子標的治療はそれぞれ異なる働きをしますが、どの治療もがん細胞が分裂して他の細胞と作用し合う方法を壊すことに狙いを定めている点では同じです。

分子標的治療は単独か、または化学療法放射線治療のような他の治療と組み合わせて行われます。組み合わせて行う場合、分子標的治療が他の治療の有効性を改善する可能性があります。

分子標的治療による副作用は、使用する薬剤の種類で大きく異なります。副作用が生じる場合、一般的には他のがん治療よりも穏やかであり、治療が終われば副作用もなくなります。稀に患児が一部の分子標的治療で使う物質に対してアレルギーを持っていることがあります。

前のページへ戻る