発熱

発熱は感染症の徴候ですが、がんの患児においてはかなり重篤になる可能性があります。治療しないでいると、具合が非常に悪くなってしまうかもしれません。お子さんが発熱した場合は、すぐにかかりつけ医に連絡してください。夜間や休日の場合には救急医療機関を受診してください。

体温を計る場合は、口あるいは腋の下で計りましょう。出血や感染を引き起こすおそれがあるので、直腸で計るのは避けてください。すぐに使える体温計がご家庭にあるかどうか確認しておきましょう。発熱した時の注意事項については担当の治療チームとあらかじめ話し合っておいてください。

前のページへ戻る