感覚器への影響について

人体には五感があることが知られています。人はそれぞれの五感で自分のまわりの世界を理解し、解釈します。五感とは、視覚(見ること)、聴覚(聞くこと)、味覚(味わうこと)、嗅覚(匂いを嗅ぐこと)、触覚(触れること)の5つです。子どもの時にがんの治療を受けた人は、眼、耳、口腔などに影響する晩期合併症を発症する可能性があります。

 

前のページへ戻る