治療方針の決定

INDEX

お子さんががんにかかっているとわかった時、あなたは天地が逆になったように感じたに違いありません。ストレスを感じ、疲れて不安になっている時に、あなたは大きな問題から細々としたことまで様々な決断をしなければなりません。お子さんの治療のような重要なことを適切に決断できるかどうか不安かもしれませんが、あなたは既に重要な決断をたくさんしています。それは例えば、お子さんがどこで治療を受けるかという問題の解決、家のことを手伝ってくれるように親族や友人に頼むこと、誰が病院でお子さんに付き添うかを決めること、などです。

この面談であなたはお子さんの治療法を決めるように求められます。選択肢の中には臨床試験が含まれているかもしれません。医師は、臨床試験とは何か、どのような治療の選択が可能なのか、どの治療法が推奨されるのか、およびその理由などを説明してくれます。

同意書のコピーを渡されたら、読んでから保管しておきましょう。同意書には、治療計画の内容、特別な治療についての利点とリスク、必要な医学的処置、治療中にあなたとお子さんが求められることなどが書かれています。直ちに治療を開始する必要がない場合は、治療を決めるのにどれくらいの時間をかけて良いかを主治医に確認しましょう。お子さんの病気と現在の病状によっては、すぐに治療を始めることが何よりも重要かもしれません。しかし、治療の決定に数日間から数週間かけても大丈夫な場合もあります。意思決定のためにかけられる時間を必ず医師に尋ねてください。それがあまりにも短く感じられる場合には、時間の余地がないかどうかをもう一度確かめるか、あなたの決断を助けてもらえるように主治医、看護師、その他のスタッフに相談しましょう。主治医はあなたに、治療計画や臨床試験への参加について十分な時間をかけて決めて欲しいと思っているだけでなく、お子さんを助けるために最適な治療の開始時期を知って欲しいとも思っています。

ページの先頭に戻る↑

治療方針を親が決定する理由

親御さんは、お子さんの治療方針はがんの専門知識がある医師が決めれば良いと感じるかもしれません。しかし、お子さんが18歳以下ならば、全ての医学的な処置には保護者の同意や書面への署名が必要となります。医師は推奨する治療計画と、それぞれの利点とリスクを説明します。全ての内容を理解し、同意するべきかどうかについて決めることができたと確信できるまで、あなたには質問をする資格があります。「もし先生が私の立場だったらどの治療を選びますか?」と主治医に聞いてみるのも良いでしょう。医師は、お子さんに推奨する治療とその理由を教えてくれます。可能性がある利点とリスクについて十分に話し合い、それに基づいて決定するのがあなたの役割です。

実際には何を決めるのでしょうか?薬でしょうか?治療法でしょうか?医師は、お子さんのがんに可能な最も効果的な治療について説明してくれます。2つ(あるいはそれ以上)の治療を比較する研究(臨床試験)を利用できる場合もあるかもしれません。まず医師はお子さんのがんに対する通常の治療計画(標準治療と呼びます)について説明します。利用可能な臨床試験がある場合には、さらに臨床試験の治療計画が標準治療とどのように異なるかを説明します。また、お子さんと同じ種類のがんに対する治療を改善しようとしている臨床試験がどのような研究成果を期待しているかについても話してくれます。

あなたは、お子さんを治療する際にどの治療計画を用いるか、あるいはお子さんが臨床試験に参加するかどうかを決めるように求められます。臨床試験に参加するかどうかを決めることは、臨床試験への参加が可能な場合にのみ求められます。この段階では、お子さんが臨床試験に参加するかしないかを決めるだけで、臨床試験としてどの治療を受けるかについてはまだ決まりません。

ページの先頭に戻る↑

配偶者の意見と異なる場合

患児のご両親は診断に対してしばしば違う反応をし、どうするべきかについての意見が相反する場合があります。このような場合は主治医や看護師に話し、建設的な話し合いを進めるためには誰の手を借りるのが最もふさわしいか相談してください。コミュニケーションがうまくいくように支援する訓練を受けているソーシャルワーカーや心理療法士を紹介されるかもしれません。

相手の立場に立って互いの相違点を理解しようとすることは、全体の状況を判断するのにも役立ちます。悩んだり怒ったりしている時でも、二人がお子さんのために最善のことを望んでいるということを思い出してください。ほとんどの親御さんは、お子さんががんになるまで生死に関わる決断を迫られたことがありません。したがって、二人が驚きや悲しみを感じ、それに対して各々に異なる反応をするのは自然なことであり、その事実をお互いがそのまま認めることが助けになることでしょう。

あなたを支えてくれている他の家族や友人と話をすると、配偶者と話し合う前に自分の心の中にたまっていることを吐き出すのに役立ちます。ストレスを減らしておくと、治療の選択肢について話しやすくなります。心の曇りを取り除いてリラックスした状態で近所を散歩するか、自分自身の気持ちに寄り添う時間を少し作るために休憩を取るようにしましょう。そうすれば、自分と配偶者が同じゴールを目指して頑張っていることを思い出すはずです。共通の敵はがんなのです。

同じ経験を乗り越えた他の家族と話をすることが有益であると気付いたご家族もいます。米国では、ACOR(※訳注:英文サイトです)というオンライン・サービスなどを通じて他の家族とつながることで、自分達の感情と問題点を整理するのに役立てている人もいます。さらに、病院内の支援グループや同様の経験を克服した別の家族を紹介してもらえるように、看護師やソーシャルワーカーに依頼することもできます。

 

インフォームド・コンセントとは

前のページへ戻る