面談(カンファレンス)への出席

インフォームド・コンセント(説明と同意)のための面談(カンファレンスとも呼びます)には、一般的に以下のような人が出席します。

  • 患児の主治医
  • 看護師など、治療チームの他のメンバー。ご家族が説明内容を十分に理解できた面談には看護師も出席していたということがわかっています。
  • 大学の附属病院の場合は、フェローやレジデントなどと呼ばれる研修中の医師も出席するかもしれません。
  • 一緒に話を聞きながら記録をとってもらうために、あなたの親族や親しい友人を同席させることもできます。米国では、聖職者のような精神的アドバイザーやカウンセラーを連れて来る家族もいます。
  • 多くの病院には、がんの診断と向き合う家族を支援するために特別に訓練されたソーシャル・ワーカーやカウンセラーがいます。彼らにも面談に同席してもらえるように、あるいは面談の後で彼らに相談できるように依頼することができます。

あなたは、誰にこの面談に出席して欲しいか、また、お子さんを同席させるべきかどうか決めることができます。あなたは医師が説明してくれる内容に集中できるようにする必要があります。幼いお子さんがいる場合には、そのお子さんを連れずに面談に行けるように調整すると良いでしょう。あなたが面談に行っている間、幼いお子さんは親族や友人が預かってくれます。年齢が少し上のお子さんだと、場合によっては面談に参加したがるかもしれません。面談の一部にだけお子さんを同席させるということも可能なので、お子さんがいない時なら聞きたいことを医師に質問しやすいと思います。全てのご家族にとって最良の解決法というものはありません。あなたはご自分とお子さんのことを一番良くわかっていますが、この決定についてはソーシャル・ワーカー、看護師、心理療法士、あなたやご家族のことを知っているその他の支援者たちに相談したいと思うかもしれません。

 

インフォームド・コンセントとは

前のページへ戻る