肝臓の健康

 小児がんの治療は時として肝臓に悪影響を及ぼすことがあります。肝臓を可能な限り健康に保つために、肝臓がどのような働きをするかを知っておくことが必要です。

肝臓

 肝臓は体の右側の胸郭の下におさまっている三角形の臓器です。平均的な大人の場合、約800g1.5kg前後の重さがあります。血液中から有害な物質を取り除き、消化と新陳代謝を助け、血液凝固タンパクなどの重要な物質をつくっています。

肝臓に問題が起きた場合の症状

 肝臓に問題が生じても、ほとんどの人は何の症状もありません。一部の人には、黄疸(白目や皮膚が黄色くなる)、濃い色の尿、薄い色(粘土のような色)の便、激しいかゆみ、紫斑(内出血)ができやすくなったり出血しやすくなったりします。慢性的な倦怠感、吐き気、食欲不振などの症状もあります。
また、肝臓は大きくなることがあり(肝腫大)、さらに、損傷が進むと固くなり(線維化)、瘢痕化(はんこんか。肝硬変)となります。ついには、お腹に水がたまって(腹水)、脾臓がふくれ(脾腫)、あるいは、食道や胃で出血を起こすことがあります。
稀ですが、肝臓癌を発症することもあります。

リスク要因

 次のような放射線治療を受けた場合には、肝臓に問題が起こるリスクがあります。

  • 全身照射(TBI)(
  • 腹部全体への放射線治療
  • 肝臓への放射線治療(特に線量が20グレイ以上の場合)

※「TBI」:「Total Body Irradiation」の略。全身のがん細胞を消失させる。また、骨髄移植に先立って、拒絶反応を防ぐ目的で、宿主の骨髄幹細胞を根絶やしにして免疫力を低下させるために、化学療法と併用して行われる全身照射のこと
 

 以下のような抗がん剤の投与を受けた場合には、肝臓に悪影響を及ぼす可能性があります。肝臓の問題が最も起こりやすいのは、治療中または治療終了直後です。これらの薬が治療終了後何年も経ってから肝臓に影響を及ぼすことはあまり考えられません。

  • メトトレキサート
  • メルカプトプリン
  • ダクチノマイシン(アクチノマイシン)

 その他のリスク要因には、以下のようなものがあります。

  • 肝臓がん(肝がん)がある、または、肝臓の大部分の切除など医療措置
  • 元から肝臓に問題がある
  • アルコールの飲み過ぎ
  • ウイルス性肝炎など、肝臓の慢性の感染症(参照:「肝炎 」)
  • 頻回にわたる輸血歴(参照:「肝炎」)
  • 移植片対宿主病(GVHD。骨髄移植あるいは幹細胞移植後の合併症)

肝臓の状態を確認するための検査

以下は、肝臓の状態を確認する主な血液検査です。

肝酵素検査≫
 通常肝細胞の中にある特別な蛋白質の値を測定。肝細胞が損傷を受けていると、これらの蛋白質が漏れ出して血液中の肝酵素の濃度が高くなります。
 一般的な肝酵素検査に、ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ。血清グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ(SGPT)とも呼ばれます)、AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ。血清グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼ(SGOT)とも呼ばれます)があります。

肝機能検査≫
 肝臓の働き具合を調べる検査。
 一般的な肝機能検査に、ビリルビン値(赤血球が壊れるときに生成される老廃物の量)、アルブミン値(肝臓で作られる主要な蛋白質の量)があります。

プロトロンビン時間≫
 PT。 血液凝固機能の異常を見極めるために行われる臨床検査です。血液凝固因子のほとんどは肝臓で作られます。

必要な経過観察

 小児がん経験者が長期フォローアップに入る時(通常は診断から5年後。または治療終了から2年後)、肝機能を評価するための血液検査(ALTAST、ビリルビン測定を含む)を受けましょう。また、年1回の健康診断で医師の診察も受けましょう。問題が見つかった場合には、精密検査や肝臓の専門医への紹介受診を勧められます。肝炎発症のリスクがある場合も精密検査が必要になります。

肝臓の健康を保つために

  • A型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスに対する免疫がない場合には、一般的な肝炎ウイルスに対する免疫をつけて肝臓を守る必要があります。A型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスに対する免疫があるかどうかは、血液検査(A型肝炎免疫グロブリン抗体とB型肝炎表面抗体の検査)を受けることによってわかります。
    なお、現時点では、C型肝炎ウイルスを防ぐためのワクチンはありません。
  • 水分をとりましょう。
  • バランスのとれた線維質の多い食事を取るようにし、脂肪分、塩分、燻製、保存食は控えましょう。
  • 決められた量以上、また不必要な薬を飲まないようにしましょう。
  • 非合法に入手した、承認されていない薬を飲まないようにしましょう。
  • 市販薬、あるいは天然ハーブ、サプリメントなどを新しく摂取する場合は、肝機能に悪影響を及ぼさないかを主治医に確認しましょう。
  • 肝臓に有害な化学薬品(溶剤、エアゾールクリーナー、殺虫剤、塗料のうすめ液、毒性があるその他の物質)を避けるようにしましょう。使わなければならない場合には、換気を十分に行い、マスクと手袋を着けて作業してください。
  • (おとなのみなさん)アルコールを飲む場合は、たしなむ程度にしましょう。
  • 薬とアルコールとを同時に飲まないようにしましょう。
  • ウイルス性肝炎に感染するのを防ぐため、性行為の際には感染を防ぐ手立て(コンドームの使用など)を講じましょう。
トップページへ戻る