副作用について

がんの治療によって正常な細胞が損傷を受けると副作用が生じます。化学療法や放射線治療の内容が異なれば、違う副作用が起こります。すぐに起こる副作用もあれば、治療の1週間~10日後、あるいは数ヶ月後、それどころか数年後に起こるものもあります。

一般的に、化学療法による副作用は薬の種類と用量で決まります。放射線治療による副作用は身体のどの部分に照射を受けたかに左右されます。例えば、腰に放射線治療を受けた場合は、皮膚や骨髄、骨盤の骨が影響を受けます。お子さんに生じるかもしれない副作用については担当医が説明してくれます。

がん治療のせいで起こりやすい副作用の一部と、副作用を防ぐためにできることに関して、この項目でさらに学んでください。

 

前のページへ戻る