ホルモンと生殖機能への影響について

ホルモンは、血流を通じて内分泌腺から全身の細胞へと情報を運ぶメッセンジャーの役割をする化学物質です。ホルモンは体内の内分泌系器官で生成されます。内分泌系とは、成長、第二次性徴、活力、ストレス応答などを含む様々な身体機能をつかさどる分泌腺のグループのことです。内分泌腺には、脳下垂体、視床下部、甲状腺、副腎、膵臓、卵巣(女性)、精巣(男性)があります。小児がんに対する治療が長期間にわたって内分泌系に悪影響を及ぼすことがあり、その結果、多くの問題が起こります。

 

前のページへ戻る